神奈川県の横浜市立大学に落ちたので東海大学医学部を受験し合格した時のこと

横浜市立大学に入ろうと思い

神奈川県の横浜市立大学に入ろうと思い受験に挑んだのですが、成績が良くなかったのか、落ちてしまいました。
仕方ないので1年を浪人生活することに決めましたが、お金も欲しかったので飲食店でバイトを開始しました。
バイトをしている最中に、東海大学医学部の学生達が来て、楽しそうに雑談をしていました。
話を聞いてみると、医学部に入ったおかげで、就職先は安泰だねと言っていたので、羨ましいなと思いました。
家族にその話をすると、それなら受けてみたらと言われました。
横浜市立大学より難易度は高いですが、狙って見る価値があるかなと思いました。
次の日から本屋で東海大学医学部に入るため、過去問題集や勉強に使う参考書などを集め始めました。
そして、昼間はバイトをして暇な時間帯は勉強をする日々が始まりました。
勉強を頑張ったおかげか、半年ほどすると過去問題集をほぼ解けるようになったので、手が届く範囲になってきた気がしました。
特に大変だったのが英語と数学で、英語は中学生が勉強する範囲からやり直したほどです。

横浜市立大学に入ろうと思い東海大学医学部の学生を見てついに、合格発表の日